スタッフブログ, 未分類

今回は、家主様と入居者様にとりまして賃貸住宅の原状回復について大変わかりやすくまとめた大阪府のガイドラインをご紹介いたします。

 

 

 

賃貸住宅の退去の際の、補修や修繕費用のトラブルが依然問題になっているとのことで、国土交通省ガイドラインの内容をわかりやすく示し、府民にも理解できるように冊子が作成されました。

 

賃貸人(貸主)と賃借人(借主)の見解の相違の問題を未然に防ぐ為に是非ご理解戴きたい内容です。

 

 

 

契約前→→→入居前→→→入居中→→→退去時

 

トラブルを防止する為の手順として、各場面での取組みが重要になります。

 

 

借主・貸主の負担区分の例として大変わかりやすく書かれています。

 

 

 

 

原状回復に関係する用語の説明等も丁寧に書かれています。

 

【善菅注意義務】

善良なる管理者としての注意義務、一般に略して善管注意義務といい言います。

民法では、他人のものを借りている場合、借主は契約してから契約終了時に物件を貸主に明け渡すまでの間は、注意を払って物件を使用、管理しなければいけないことが規定されています。

この義務に反して住宅を壊したり汚したりした場合は、その修繕費用を貸主から請求されることがあります。

 

 

この様に、明確に説明がされているのでトラブルの減少に繋がると思われます。

 

当社は今後、このガイドラインに沿って原状回復トラブル防止に取り組んで参ります。

尚、この大阪府ガイドラインはホームページよりダウンロードできます。

大阪府 原状回復 で検索して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

2019年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事分類